看護が具現化する人間の安全保障

~看護による難民支援~

2020年11月22日 SUN 

​日 程

10:00~16:00(予定)

誌上開催・Web開催(Live)

参加登録期間:2020年6月8日(月)~9月30日(水)

演題募集期間:2020年6月8日(月)~8月30日(日)

​プログラム

基調講演、教育講演、

シンポジウム、一般演題発表など

会長:伊藤尚子(山陽学園大学 准教授)

日本国際看護学会第4回学術集会の誌上開催・Web開催の御案内

平素より、日本国際看護学会へのご理解、ご協力を賜り感謝申し上げます。

COVID-19の国際的に懸念される公衆衛生上の緊急事態を勘案いたしまして、本学会理事会にて2020年11月21・22日に岡山県で開催を予定しておりました日本国際看護学会第4回学術集会の実地開催を中止とし、誌上開催・Web開催をすることに決定いたしました。

この度の決定についてぜひともご理解いただけますようお願いいたします。

COVID-19禍により健康を損なわれた方々に心よりお見舞いを申し上げるとともに、早期の収束と、皆様のご健康をお祈り申し上げます。

誌上開催・Web開催の詳細につきましては今後、学会ホームページ上でご案内いたします。

第4回学術集会  会長 伊藤尚子

日本国際看護学会 第4 回学術集会 開催のご案内

「看護が具現化する人間の安全保障~看護による難民支援~」

学術集会会長 伊藤 尚子(山陽学園大学 看護学部 看護学科)

 紫陽花の美しい季節となりました。会員の皆様方におかれましてはますますご清祥のこととお慶び申し上げます。

 COVID-19の国際的に懸念される公衆衛生上の緊急事態を勘案いたしまして、日本国際看護学会第4 回学術集会は誌上開催・Web開催をすることに決定いたしました。

 世界には戦争や紛争、迫害、飢餓、貧困、災害などによりやむなく安住の地から逃れざるを得ない人々がいます。国連難民高等弁務官事務所(UNHCR: United Nations High Commissioner for Refugees)により、そのような人々は2018年末に約7,080万人いると報告されました。彼らは、生活維持の危うさのみならず生命の危険を感じて恐怖のうちに住み慣れた土地から“移動を強いられる”のです。避難の途中で生命を落とすこともありますし、避難した場所が劣悪のためそこで死に至ることもあります。定住した先に必ずしも幸せが待っているとは言えません。心身ともに痛みや苦しみを抱えて生きていく人々にこそ看護の力が発揮できます。生命をつなぎ止め、飢えや寒さや不潔さを除いて、病いを防ぎ健康に留意できるようにし、自己尊厳を取り戻すための関わりをします。

 「人間の安全保障」は、人間一人ひとりに着目し、生存・生活・尊厳に対する広範かつ深刻な脅威から人々を守り、それぞれの持つ豊かな可能性を実現するために、保護と能力強化を通じて持続可能な個人の自立と社会づくりを促すという考え方で、「Freedom from want、Freedom from fear(欠乏からの自由、恐怖からの自由)」を目指します。第8代国連難民高等弁務官を務めた緒方貞子氏は、人間の安全保障委員会の議長であり、今でも世界から尊敬を集めているのは周知のとおりです。海外の難民支援活動の場や、難民を扱う国際学会などでは必ずと言ってよいほど「Madam Sadako」の名前が出ます。多くの場合、「マダム・サダコの意志に沿って」とか「マダム・サダコの哲学に則って」というように登場します。その際、日本人女性がほかにいないと、私の方に向かって発言者が一礼されることがよくあります。緒方貞子氏がどれほど信望され敬愛されているのかを知るとともに、恐縮しまくる瞬間でもあります。

 前述したとおり、「人間の安全保障」の理念と、安全安楽を提供しつつ、苦痛を緩和・除去し、健康の維持増進に関わり、日常生活支援をして対象のニーズを充足させる「看護」の理念とは一致していると思い続けてきました。学術集会では、この点について、皆様といかに「人間の安全保障」の理念を具現化して看護実践に結び付けるかを討論できる場にしたいと考えております。あわせて、日本における難民の状況や支援の実際についても情報を共有したり、議論を交わしたいと思います。

 難民をテーマにした学術集会ではございますが、日本を含む世界のあらゆる場で活躍をされる看護職の皆様方の実践・研究報告をお待ち申し上げております。必ずやご自身の興味・専門性に関連する発表があると思いますので、ぜひご多くの方々にご参加いただければと存じます。

 参加される方、発表される方へは、学術集会ホームページにて、学術集会への参加方法/発表方法、参加登録方法/演題登録方法などご案内をしてまいります。

【日程】

誌上開催・Web開催(Live)

日時:2020年11月22日(日)10:00~16:00(予定)

参加登録期間:2020年6月8日(月)~9月30日(水)

演題募集期間:2020年6月8日(月)~8月30日(日)

【プログラム】

基調講演、教育講演、シンポジウム、一般演題発表など

ロヒンギャ難民キャンプにおける看護活動
(バングラデシュ)

 

・2020年 7月  1日

​参加登録のご案内とプログラムを掲載しました。

・2020年 6月 19日

​開催のご案内と、演題登録のご案内を掲載しました。

・2020年 5月 26日

第4回学術集会ホームページを開設しました。

Information

Contact

第4回 日本国際看護学会学術集会 事務局
伊藤尚子(山陽学園大学)
E-mail: kokusaikango2020@gmail.com

© 2020 by Japanese Society for International Nursing

  • s-facebook
  • Twitter Metallic
  • Google Metallic
  • s-linkedin
This site was designed with the
.com
website builder. Create your website today.
Start Now